日、ある行政書士の先生のブログでおもしろい記事を拝見しました。

 

行政書士開業講座「行政書士の求人 続き」

 

どうでしたか?

採用する行政書士事務所は

「仕事を探している人」の数が「採用したい事務所」の数よりも多い

「就職買い手市場」であるということをわかっているのです。

 

求人広告を掲載するとどれくらいのコストがかかるかご存じでしょうか?

僕の地元で発行されている求人誌だと、1番小さい枠でも約3万円くらいです。

 

自分のホームページに、ちょこっと「求人募集」と載せるだけで応募者がくるんですから

コストをかけて求人広告なんて出すわけありません。

同じ3万円かけるならPPC広告を打つでしょう。

 

「行政書士の求人がないのは仕事がないから」

とは言い切れないのです。

 

「行政書士 求人」で検索する前に

 

あなたの地元にある行政書士事務所のホームページを全部チェックしたでしょうか。

 

その中に、隠れ求人情報はありませんか?

 

先ほどの「行政書士開業講座」ですが

他にも、「そんな応募者がいるのか・・・」とあ然とするような記事もあるので ぜひ、読んでみてください。

採用する事務所側の気持ちがわかります。

 

戦いをはじめる前に、相手を知ることが大事です。

 


行政書士 ブログランキングへ