認知症の父と話をしているとき、よくあったのは

 

同じことを何度も聞いてくる

(どの薬を飲めばいいのか、明日は何の予定か等)

 

ついさっきまで納得してたのにまた母を疑っている

(母を見知らぬ人と疑う、僕がリアルの僕かどうかを疑う等)

 

いま説明し終えたのに次の瞬間にはもう忘れている

(孫の運動会の様子とか、兄の仕事の最近の様子等)

 

 などなど、認知症の症状でも代表的とされる短期記憶の喪失です。

 

適当な時間を空けて父と会う僕なんかに比べ、母は嫌でも毎日のことですから、

相当父にイライラ