彦根城の梁

2018/04/09

 
この前の日曜日のこと。
家族で彦根城に行ってきました。
 
夏休みに姫路城に行ったものの、城の中に入れず、
家族一同の欲求不満を解消するために…
 
 
 
 
 
長い階段を登り、ようやく到着。
いや~彦根城はご立派ですね~
 
よし、入城するぞっ!
 
と思いきや…、城の前には人だかりが…
赤枠の部分に注目。
 
 
 
拡大すると…
特徴的な赤と黄色が見えます。
 
 
もしや…
 
 
と思い、入城を後回しにして接近!
 
 
「ひこにゃん」がパフォーマンス中でした。
 
見た目だけでなく、動きもかわいらしく、
人気があることが納得できます。
 
 
ひこにゃんは人気がありすぎるせいか、個別の撮影には対応していませんでした。
 
この点では、姫路城の「しろまる姫」は個別の撮影に応じてくれたのでよかったです。
 
 
 
ひこにゃんのパフォーマンス終了直前に、入城開始。
 
パフォーマンス終了後は、パフォーマンスを見ていた人たちが
一気に流れ込んだためか、入城制限がされていました。
 
 
 
 
 
彦根城2階の梁の様子。
う~ん。
 
建築中の我が家の梁とは比べ物にならない太さです。
 
 
長蛇の列で牛歩すること約20分。
彦根城最上階に到着。
 
 
 
 
 
 
 
最上階の梁の様子。
こちらも太さがあって立派です。
 
 
…が、えらく曲がったものが利用されています。
 
まっすぐの材料がなくなっちゃったのかな?
 
私が彦根城の施主だったら、文句を言いますよ。
 
「経済設計ですか?!」と。
余計なお世話でしょうけど。
 
 
 
 
 
 
さて、自宅に帰ってからは、自宅で作っている
さつまいも「なるときんとき」を一部収穫。
できばえは、やや不良ですかね~
 
今年の夏は去年よりも涼しかったので。
 
 
今週末に全てを収穫予定です。
 
 
http://salaryman.blogmura.com/salaryman_over30/
 

f:id:boundary-line:20161017200340j:image

 栃木県大田原市で作られたお酒。今回は、超辛口純米を購入してみました。

 味は確かに超辛口。甘さがなくて、微かに酸味を感じます。淡麗でおいしい!

 酒米は、那須産五百万石&ひとごこち、ということですが、まだ私にはそのあたりのことはよく分かりません。

f:id:boundary-line:20161017200341j:image

 今日のおつまみは、さといもを簡単にしょうゆで味付けして煮たもの。冷凍食品のさといもでつくったので、簡単に調理できました。

 さっぱりしたおつまみなので、超辛口純米のお酒にも、よく合う感じでした。

f:id:kotobalover:20170511173751p:plain

こんにちは!

 

お久しぶりです。ひつじです。

  

満点の星空がずっと見たくて、いい場所ないかな〜って探してたんですが、山ばっかのネパールなら見れるでしょ、って思いましてふらっと行ってきました。

 

結果から言うとですね、星なんて1個も見えませんでした。雨季に入る前でぎりぎり乾季の終わりだったんで、4日くらい滞在したら見れるだろ、って思ってましたがほとんどの日が雲に覆われてました。甘かったですね。

 

でも混沌としたタメル地区や、丘からみたカトマンズ渓谷、ネパールのシンプルな生活が素晴らしかったので、写真と文章で少しご紹介します。

 

それではいってみましょう!

 

f:id:kotobalover:20170511161435j:plain

f:id:kotobalover:20170511161452j:plain

空港から宿に向かうまでに撮った写真。

舗装されていない道やお店の看板に書かれたヒンディー語が南アジア的な雰囲気を掻き立てます。

 

f:id:kotobalover:20170511161742j:plain

f:id:kotobalover:20170511161751j:plain

バックパッカーが集まるタメル地区。煩雑さ、誇りっぽさ、線香やスパイスそして歩く人の発する臭気が混じり合ってまさに混沌とした雰囲気を醸し出しています。

あれです、何年も注ぎ足し注ぎ足しで作る秘伝のスープを作る年季の入ったお店が日本にもあるじゃないですか。ああいう感じです。長い年月をかけて醸成された町。こういう雰囲気が好きな人は大好物だと思います。

 

f:id:kotobalover:20170511162403j:plain

f:id:kotobalover:20170511162408j:plain

「モンキーテンプル」という高台にあるお寺からカトマンズの町が一望できました。どれも同じ家の作りです。どこか中東っぽくもありますね。

空気汚いでしょ。曇りってのもあるんですが、排ガスとか砂埃による空気汚染がひどい。

 

f:id:kotobalover:20170511162906j:plain

ヒマラヤが見れるって言うんでカトマンズから車で2時間ほど、山の上にある「ナガルコット」という町を訪れました。見ての通り、雲か霧かわからない大気に覆われなーーんにも見えません。ネパールを訪れるなら11月〜1月の間にしましょうね。乾季の空気が冷たい時期はこの雲の向こうにヒマラヤ山脈が見れます。

 

f:id:kotobalover:20170511163316j:plain

f:id:kotobalover:20170511163317j:plain

少し晴れた午後、ナガルコットの丘から「カトマンズ渓谷」が見渡せました。(1枚目の右奥に映る谷です。)

 

f:id:kotobalover:20170511172103j:plain

場所を変えてもう1枚。

ちなみにですね、現地人に間違われる確率が1番多いのはここネパールとか、インドのダージリンとか、チベット文化圏の国。今回の旅で何回も現地語で話しかけられました。日本人の祖先の1部はヒマラヤ山脈を超えて来たらしいし、彼らとDNA的にかなり近いところがあるんでしょうね。

何万年も前、僕らの祖先もこの谷を見て何かを思ったんでしょうか。

  

 f:id:kotobalover:20170511165159j:plain

大通りを外れるとネパールの人たちの本当の生活がありました。見た感じ電気も水も満足に通ってなくて、牛や羊、ヤギを飼い、畑で野菜を育てほとんど自給自足に近い生活をしてました。

彼らの細かい生活はわかりません。彼らには彼らなりの苦労があると思う。でもいつでも仲間と集まり、談笑し、カトマンズ渓谷背に語り合う人たちを見ると、どうしようもなく羨ましく思える。

 

なんでしょうね、ネパールにあって日本にはない雰囲気。

 

日本とネパールをポケモンで例えるなら、日本は四天王クリアしてポケモン全部集めて、手持ちもみんな99レベルでもう特段やることはない感じ。でもネパールは今ハナダジムあたりで手持ちポケモンのレベルは23くらい。少し頑張ればすぐにレベルが上がって一番楽しいとき。

ドラクエだと日本はラスボスの「龍王」倒してもうゲームクリアしてる状態、一方ネパールは「はがねの剣」ゲットしてこれからどんどん行くぞ、って時。

 

そんな感じでネパールは少し頑張れば生活はすぐ良くなって、生きてる実感がすごくある社会なんだと思う。

 

日本はインフラも整ってるし、食べ物にも困らないし、町も綺麗。もうすでに完成しちゃってるんですよね社会が。

正直ネパール人の数倍、数十倍頑張らないと生活や社会が向上したりするのを肌で感じることはできないんだと思います。

 

だからみんな生きる意味とか働く意味とか答えもないことを考えだして、閉塞感を感じてる。一方ネパールの人たちなんかは単純に目の前の一瞬を精一杯生きないとすぐに死に直結しちゃうから、本当にシンプルに「生まれて、生きて、そして死ぬ」ってそういう感じがした。

 

もちろんネパールにもカースト制度があったりすると思うし、頑張ってもどうにもならないことや、ぱっと見ではわからない社会問題もあると思います。

 

でも少なくとも僕の目には今回の旅で見たネパールの人達の生活はとてもシンプルで「生」の実感に溢れたものでした。

 

......。

 

それにしても今回も星空見えなかったな。タイのプーチーファー行ったときも見れなかったし。やっぱり時期って大切なんだな。

 

ひつじ。

 

こちらも合わせてどうぞ!

www.thaislife.com

 神戸市は8日、2020年度を最終年度とする5カ年の中期計画である「神戸2020ビジョン」の素案を公表した。16年3月末で現在の5カ年計画が終了することから、策定を進めていた。来年1月15日までの約1カ月間に市民から意見を募集し、そのうえで次期の「ビジョン」として決定する構えだ。

 素案では、現在取り組んでいる施策のうち20年までの5年間に重点的に取り組む134事業を6分野に分類し、改めて事業の意義付けを確認する形とした。産業振興や都心再整備に加え、子育て支援など人口減への対策を多く盛り込んだ。今回の「ビジョン」と一体的に進める「神戸創生戦略」と109事業を重複させた。

 ビジョンを作成する方針として「若者に選ばれるまち」「誰もが活躍できるまち」という2つの大きな政策目標を念頭に、重点化する施策を絞り込んだという。加えて成果や進捗を明確化できるような指標を整備する方針も示した。ただ、どの程度の数から絞り込んで134事業になったのかは明確にしておらず、成果を測る指標を整備して評価する時期なども示していない。

 同時に、市内9区(東灘、灘、中央、兵庫、北、長田、須磨、垂水、西)の5カ年計画も素案を示した。いずれも現在、すでに取り組んでいる施策の意義付けやスケジュールなどを確認する形式としている。

 神戸市は今回示した神戸2020ビジョンと各区の計画の素案について、市民の意見を募集する。書式は自由で、郵送、ファックス、電子メールで受け付けるほか、企画調整局総合計画課に持参してもよい。郵送などの宛先は神戸市のホームページに掲載している。

iTunesの再生回数[2017/3/18]です。

 

namatsu12727.hateblo.jp

Native (Gold Edition)

Native (Gold Edition)

  • アーティスト: ONEREPUBLIC
  • 出版社/メーカー: INTES
  • 発売日: 2014/07/04
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
Dreaming Out Loud

Dreaming Out Loud

  • アーティスト: Onerepublic
  • 出版社/メーカー: Interscope Records
  • 発売日: 2007/11/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

Dont Cry

Dont Cry

  • エイジア
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

namatsu12727.hateblo.jp

namatsu12727.hateblo.jp

namatsu12727.hateblo.jp

namatsu12727.hateblo.jp

namatsu12727.hateblo.jp

namatsu12727.hateblo.jp

 

 

 上組が13日発表した2016年3月期の連結決算は、純利益が前の期比7%増の160億円だった。売上高は減ったが、配当金収入が前の期よりも増えたうえ、法人税率の引き下げによる税金費用の減少が寄与した。期末配当金は従来予定通り7円で、年間配当は前の期比1円増配の13円とした。

  売上高に相当する営業収益は微減の2423億円だった。コンテナや飼料原料、鉄鋼関連などの貨物の取り扱いが減った。外注作業比の削減などで補えず、営業利益は2%減の220億円だった。神戸市と熊本県に物流拠点を開設するなど、物流基盤強化のための投資も続けた。

 2017年3月期の連結業績予想は、純利益が2%増の163億円になる見通し。国際物流のネットワーク強化を顧客獲得につなげる。営業収益は1%増の2450億円、営業利益は4%増の230億円を見込む。年間配当は前期据え置きの13円を予定する。

予約サイトはたくさんあるけれど、今一番アツいのは

Rocketmilesです。

Rocketmiles - Book Hotels Earn Thousands of Frequent Flyer Miles

特に宿泊予定がなくても、こちらに登録だけしてみましょう。

随時すごいキャンペーン情報が流れてきますよ!

 

今回はなんと1泊毎に1,000アジアマイル貯まるキャンペーン中。

f:id:shinpsonkun:20160720185707p:plain

最大で5泊まで5,000マイルも貯まる!

1マイル100円としたら50万円分のマイルが貯まるという計算。

2016年7/18~8/31まで。

またアジアマイル以外で貯めている人もこちらと提携しているマイレージで貯まりますよ。

約20の航空会社と提携しているのでマイラーは要チェケら。

 

実際にいくらマイル貯まるかバンコクのホテルで調べてみた。

f:id:shinpsonkun:20160720190308p:plain

このロケットマイルズの使い勝手の悪い点は格安ホテルがないところ。

だいたい3つ星からの設定。

バンコクだと最安値で$51。ここに宿泊すると1泊1,500マイルも一気に貯まる。

基本マイルが500マイルでボーナスマイルが1,000マイル。計1,500マイル。

これはかなり美味しい。

5泊したら1,500マイルx5泊で7,500マイル。

宿泊代金が5泊で25,000円ほど。

これほど効率的にマイルが貯まるのはここだけ。

もしマイラーの人や格安宿は避けて旅する予定の人はまずこのロケットマイルズのページへ。

Rocketmiles - Asia Miles 1,000 per night bonus Q32016

一気にマイルを稼ぐチャンスです!

ぼくも23日〜25日バンコクの3日間をこのロケットマイルズで予約して、最低4,500アジアマイルを貯めます。

宿泊代金は3泊で15,000円くらい必要だけど。。

まあマイルのために仕方ないか。

 

 

日系の航空会社は参加してないので、JALやANAのマイルを貯めている人は残念。

海外出張で経費で落とせる人が羨ましいなぁ。

マイレージ カテゴリーの記事一覧 - ノースキルでカンボジアで起業!

 

あまり知られていないエリートが愛用している旅行術: マイル塾生の93.7%が驚くほどライフスタイルを良くさせたと評判の旅行術が遂に公開

 

こちらクリックお願いします。 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 

 

\待たせたな/

2か月ぶりの記事
1月はまた私の不手際によりフォトライフの容量切れ

画像が増えるぞおおおおお!!!



12月22…ついに待望の「第2回オレ最強決定戦 大魔王サッカーラ杯」が開催された

f:id:Kota-y:20150201210000j:image
f:id:Kota-y:20150201205948j:image
f:id:Kota-y:20150201205935j:image
f:id:Kota-y:20150201205920j:image

今回は店舗ランキングもあります
f:id:Kota-y:20150201205908j:image

いろいろあるんですが今回は大魔王に遭遇できました
計5回くらい すべて負け

f:id:Kota-y:20150201205737j:image
f:id:Kota-y:20150201205725j:image
f:id:Kota-y:20150201205713j:image
f:id:Kota-y:20150201205701j:image

大魔王はガチパで行くと隠れるチキンなんだよ
うん



最後のパーティはこれにしました
f:id:Kota-y:20150201205649j:image
そして1月4日…大会は終了

1月6日、早くも集計が完了


f:id:Kota-y:20150124183802j:image
f:id:Kota-y:20150124183749j:image


僕はこんな感じ

プラチナではないけれど6枚もらえたので一応満足
いつも金ピカなサッカーラだから銀のほうがかっこいいからわざと2位に(大嘘)

f:id:Kota-y:20150124183734j:image


さて、早速対戦じゃ!
f:id:Kota-y:20150124183718j:image
f:id:Kota-y:20150124183613j:image
f:id:Kota-y:20150124182704j:image
f:id:Kota-y:20150124182650j:image
f:id:Kota-y:20150124182622j:image
f:id:Kota-y:20150124182637j:image
f:id:Kota-y:20150124182609j:image

さくっとノーダメージ撃破できました
物理さえ封じれば簡単なボス

…とはいうもののあの7リールまで吸い込まれてちょうど暗闇が解けた時には焦りましたけどなんとかほほえんでくれたんで
ね?

サカ杯を振り返って

今回の大会は得たものが多かったです
自分のパーティーは全国には通じないこと、ロレルや牛猿がチート

様々な戦術を見られました
また次の大会も期待しています




最後に銀メダルを飾ったパーティーを

f:id:Kota-y:20150105141647j:image



そして…

この最後のプレイでついにレオンの移動が5個に…ってこれに入れるのかよ
f:id:Kota-y:20150105141633j:image

ここまで来たら次は店舗でも優勝してみたいですね

…って無理かな




次回は解禁日以降予定です

それではまた

札幌に宿泊し、日帰りで富良野・美瑛観光に行きました。花畑やおいしい果物・野菜を楽しんだ1日。

f:id:jun_53a_t:20170808172157j:plain

  • 札幌から富良野まで特急で2時間
  • 富良野駅からバスでファーム富田へ
  • フラノマルシェでお昼ごはん
  • 富良野・美瑛ノロッコ号
  • 美瑛は美遊バスで観光
    • 四季彩の丘
    • 青い池
  • 美瑛から旭川経由で札幌まで
  • まとめ

札幌から富良野まで特急で2時間

f:id:jun_53a_t:20170808172047j:image

札幌から富良野までは夏の期間だけ走る「特急フラノラベンダーエクスプレス」に乗って行きます。車両は2種類あるうち、「旭山動物園号」にも使われているものでした。

f:id:jun_53a_t:20170808172053j:image

列車の中も動物だらけ!!

f:id:jun_53a_t:20170808172058j:image

足跡まである・・・。平日の朝だったのでビジネスで乗っているおじさんもいたのですが、これに乗って仕事って落ち着かないですね。笑い

f:id:jun_53a_t:20170808172102j:image

驚いたことに1号車はまるごと遊ぶスペースになっています。ちょっと長い時間、これならあなたのお子様も退屈しません。

富良野駅からバスでファーム富田へ

f:id:jun_53a_t:20170808172107j:image

富良野駅からは期間限定の「ふらのくるる号」という周遊バスが出ています。ワイン工場や六花亭、北の国からロケ地、ファーム富田など、主な観光スポットを周ってくれます。

僕はこれに乗ってファーム富田まで行きました。

f:id:jun_53a_t:20170808172112j:image

8月4日とラベンダーシーズンの終わり頃だったので、ちょっと花に元気がなかったような気がします。それでも花畑の前にいるだけでいい香りが漂ってきました。

f:id:jun_53a_t:20170808172118j:image

定番のラベンダーソフト。一口入れただけでラベンダーの香りが広がります。その香りがキツすぎることもなく、おいしかったです。

f:id:jun_53a_t:20170808172134j:image

ファーム富田のすぐとなりにはとみたメロンハウスがありました。メロンを推しまくっています。このメロン風船が遠くからでも目立ってますので、車で行く人はこの風船を目印に。

あ、カットメロンはメロン嫌いの僕でも食べられるおいしさでした。

 

フラノマルシェでお昼ごはん

f:id:jun_53a_t:20170808172140j:image

ファーム富田からまたバスで富良野駅まで戻ってきました。駅から10分歩いて、富良野の名産を扱うお店が集まったフラノマルシェというところにやってきました。

f:id:jun_53a_t:20170808172143j:image

その中の「ぷちぷちバーガー」というお店でザンギ(北海道で唐揚げをこう呼ぶ)のバーガーを注文。とても美味しい。レタスも新鮮で、ザンギもジューシー。味は最高!!!

ただ、失礼な物言いのおばさん店員に運悪く当たってしまってテンション下がりました。

f:id:jun_53a_t:20170808172146j:image

orchard garden furano kina」というお店でいちごも買いました。その日の朝、畑で採れたばかりのものをお店に並べていて、注文を受けてから洗ってくれます。畑からできるだけ手を加えてないものを買えるのは良いですね。

味も甘さと酸っぱさのバランスが良くて、とても美味しかったです。また食べたい。

 

富良野・美瑛ノロッコ号

f:id:jun_53a_t:20170808172150j:image

富良野から美瑛まで行くのに、釧路に続いてノロッコ号に乗りました。

f:id:jun_53a_t:20170808172154j:image

今回は窓に面した2人がけシートに座ります。1号車の指定席では、この2人掛けシートが花畑の丘に面しています。

f:id:jun_53a_t:20170813164544j:plain

車内はこんな感じ。天井にラベンダーの装飾。

でも車内販売はないし、釧路のノロッコみたいに沿線についての解説はほとんどなくてトロッコ車両をただ走らせてる、という印象。

美瑛は美遊バスで観光

四季彩の丘

美瑛駅からは「美遊バス」に乗って観光します。花畑・青い池コースに乗りました。

f:id:jun_53a_t:20170808172157j:image

四季彩の丘

f:id:jun_53a_t:20170808172201j:image

四季彩の丘

花畑についてあえて語る必要もないでしょう。ここで売られているコロッケがめちゃくちゃおいしかったです。

 

青い池

f:id:jun_53a_t:20170808172203j:image

青い池はとても神秘的な雰囲気のあるところです。美遊バスに乗らずにレンタカーで来て、人が少なければもっと良かったんだろうなあと思います。

青い池はガイドブックで見て行きたくなったのですが、ガイドブックで見る青い池は写真を加工してますね。実物はガイドブックとは違います。そして上の写真もまた、加工しています。実物を見てほしいです。

f:id:jun_53a_t:20170808172207j:image

青い池の端っこ。すぐそばを流れる川も青かったです。

 

これで美遊バスの行程は終了。レンタカーが無いと行けないところをいろいろと周れて良かったです。

美瑛から旭川経由で札幌まで

f:id:jun_53a_t:20170808172210j:image

美瑛から旭川まで普通列車で30分。旭川からは「特急カムイ」に乗って1時間半。

先頭車両にこびりつく”虫だったもの”がすごい・・・。

f:id:jun_53a_t:20170808172214j:image

晩ごはん代わりにまた駅弁。

https://www.instagram.com/p/BXZI6o5Auqz/

#japan #railway #JR #hokkaido #trip #ekiben #asahikawa

まとめ

富良野・美瑛エリアはホテルが少ないっていうのと、前日まで滞在していた釧路からはアクセスが悪いということで札幌からの日帰りにしました。

朝7時にホテルを出てホテルに戻るのが夜10時という行程でしたが、観たい所をのんびり周ることができたので日帰りにして正解でした。